DX戦略

経済産業省のDXレポートによると、企業の既存システムの複雑化・ブラックボックス化や、既存システムの問題解決が遅れる等、課題が克服できなかった場合、2025年以降最大12兆円/年(現在の3倍)の経済損失が発生する可能性がある(「2025年の崖」)と言われています。

また、「少子高齢化に伴う労働人口の減少」 「働くスタイルの多様化」などの課題・変化に対応していく必要があります。

当社では、グループ中期事業計画において「持続的な成長ができるグループへ」 を掲げ、その実現にはDXの推進が不可欠であると考え、以下に取り組んでまいります。

  • 「知識集約・サービス提供」ビジネスへの変革
  • 顧客基盤・対応態勢の革新
  • バックオフィス業務の改革
持続的な成長ができるグループへ
「お客様のDX化を効果的に支援するITソリューションベストパートナー」を目指す

当社がこれまで培ってきたデジタル技術をさらに高度化するとともに、デザインシンキングの実践等により、お客様ビジネスの本質課題を抽出することで、「お客様以上のお客様目線」で製品・サービスを創造し、ビジネス変革を支援します。

お客様向け
DXソリューション提供の推進

ソリューション・サービスの革新

ソリューション・サービスの革新
ソリューション サービス

社内DX化の推進

社内DX化の推進

DX推進のための整備・強化

DX推進のための整備・強化

ステークホルダーにもたらす効果

ステークホルダーにもたらす効果
DX戦略における指標(グループ目標)
グループ全体でDX推進を加速